人気ブログランキング |

Il Maestro Riccardo Muti dirige l'Intermezzo della Cavalleria Rusticana

大阪の友人のフルーティストが火曜日の朝、天に召されました.......肺癌で半年間戦っていたけれど、土曜日に容態が危ないとのことでエルフラ本番の後急遽大阪へお見舞いに....夜駆けつけたときにはまだ意識もあって、相当辛そうでしたがほんの少ししゃべってくれました。私達への最後の言葉が「また来てな」....生きたいという強い思い、生きようとしていた気迫、すごかった....9才の娘を残して逝かなければいけない母としての無念さはいかばかりか...タバコも吸わない人がなんで若くして肺癌になってしまうのか....本当に残念でなりません。彼女は9才の娘さんにヴァイオリンを習わせていました。この半年間、お見舞いにいくと、いつも娘さんのヴァイオリンの事ばかり心配していました。そして...彼女が好きだった曲....(20才の頃、自分のお葬式の曲はこれに決めてんねん!と彼女は友人に言ってたそうです)
由夏子ちゃん、辛い身体から解放され、どうか安らかに眠ってください。
りあなちゃんのヴァイオリンは西村さんを中心にこれからみんなで見守ってゆきますからね.....安心してくださいね。
今生きてるってことだけで、本当に奇跡なことなんですね.......
https://www.youtube.com/watch?v=fZynaqyy7MI
by kana-violin | 2013-10-03 00:04


<< お祝いの宴 vln.平松加奈&maiko ... >>